青年学校画像.png

​青年学校

---国語の授業は,どう教えたらいいか分からない。
---日々の授業がこのままでいいのか焦りを感じるが,何から始めたらいいのか分からない。
---全国の先生たちとともに学びたい!見聞を広めたい!でも、どこにいけばいいの?

こんな悩みをお持ちの先生方、文芸研で一緒に学んでみませんか?

IMG_20221119_0001_edited.jpg

青年学校

12月の定例会は、谷川俊太郎さんの「生きる」を学習します。 教材解釈について、多方面からのご意見お待ちしております。 ●どう教材を分析したらいいかわからない ●国語で何を教えたらいいかわからない ●文芸研に興味がある 一緒に楽しみながら、深い学びを目指してみませんか。 お気軽にご参加ください。お待ちしています!

12月10日 (土) 19:30~21:00 Zoom学習会(参加費無料)

●「生きる」 谷川 俊太郎 ●その他 詩 教材解釈

申し込み先 青年学校18期委員長 田井 美由紀 m-tai @kanagawakgs.ac.jp QRコードからも 申し込みができ ます。

​←クリック

青年学校第2回学習会

国語教育・文芸研青年学校18期 第2回学習会のお知らせ

 

2学期も終わりが近づき、さぞかしご多忙のことかと思います。先生方は、変わらずお元気にお過ごしていらっしゃいますでしょうか。

さて、文芸研青年学校の第2回学習会の詳細が決定しましたので、お知らせいたします。

今回は、辻恵子先生より「1年生の文芸の授業」「絵本・読書指導」についてご教授いただくこととなっております。低学年から使う教育的認識論の基礎を学ぶことができます。一緒に時間をかけて、じっくりと理論についての理解を深めませんか。多くの先生にご参加いただければ幸いです。ぜひ、お近くの先生方にお声がけください。

 

1. 日時:2023年1月21日(土)①9:00~12:00

                ②13:00~16:00

 *zoom会議には、8:50頃より入室可能です。

 *途中の入退出は、ご自由に行ってください。

 

2. 内容: 教育的認識論 構造・関係・機能・還元・選択・変換について

 

3.準備物:zoomを利用しますので、ご利用できる環境をご用意ください。

      ノート

      筆記用具

 

4.参加費:1000円(事前の振り込みをお願いします)

 

5.申し込み方法:青年学校18期委員長 田井美由紀 までご連絡ください。

  下記メールアドレスに

件名:第2回青年学校申し込み

  本文:参加者名、都道府県名、所属(学年)を明記して、メールを送ってください。

 *お申込みいただいた方に、zoom会議のURL、参加費の振込先等を返信いたします。

 *メールの設定によっては返信が受信できず、URL等をお知らせできない場合があります。

24時間以内に返信のない場合は、お手数ですが、電話番号をお知らせください。

​←クリック

青年学校第2回学習会画像改訂版.PNG

こんな質問をされて困ったことはないですか?

①「イメージ(形象)をふくらませてみよう。」と、呼びかけると
---(質)先生、イメージってなんですか?
---(答)そ、それは、想像したこと?・・・かな(汗)

②「『大造じいさんとガン』の登場人物を挙げましょう。」と、問うと
---(質)先生、〈残雪〉は人物ですか?
---(答)そ、そりゃ、残雪という名前があるくらいだから人物だよ・・・たぶん・・・

③「『モチモチの木』で、豆太におしっこをさせている時のじさまの気持ちは次のうちどれでしょう。」と、テストで五択を出したとき
---(質)先生、どうしてこの答えが正解なのかよくわかりません。なぜ、他の答えではいけないの?
---(答)他の答えは文中に書かれてないことが入っているからね。だからこれが正解!

でも、こんな答えで本当に生徒達は納得してくれるのでしょうか。いや、そもそも、この答えは本当に正しいと言えるのでしょうか。

文芸研では、これらの疑問に全て明確に答えることができます。

青年学校は、参加者の自主運営が原則です。ですから、1回目の学習会で、運営委員会を組織し、2回目からは、運営委員会を中心にお互いに協力し合って、学習会を運営していただくことになります。※第1回学習会は、前回の青年学校生が運営のお世話をさせていただきます。